Short Movie

/ ゼミ紹介のショート動画

  
 movie with music

Members

/ 所属しているゼミ生(2022年度)

経済学部生 10名


阿部 希

職場のHSP研究

井出 龍之介

企業の人事管理と組織心理学に関する研究

小田切 光輝 企業の人事管理と組織心理学に関する研究
柘植 陶子 人事制度の国際比較研究
西山 隆太郎 職場のGRIT研究
秦 愛莉 採用面接における非言語的情報の効果性研究
林 瑠那 採用適性検査における信頼性研究
福井 瑠名 採用選抜研究
福田 愛弥 保育業界におけるパーソナリティ研究
森 あかね テレビ業界における人材の心理的特性研究

経済学研究科大学院生 2名


YAO ZIEYA

グローバル企業における異文化教育研究

XIAO BANG

日本企業における外国人従業員の日本的人事制度への知覚研究

 

FAQs

/ よくある質問と答え

 


Q:実証研究のみ扱うのでしょうか?


A:はい。デジタルデータ駆動型の実証研究のみ扱います。リサーチデザインとしてはサーベイリサーチ,事例研究を,分析法としては量的分析,質的研究を扱います。データを用いない文献研究のみは行いません。企業や集団にかかわる希少なデータか大規模データを自分で用意することが必要になります。


Q:実証分析に用いるデータは研究室から与えられることはなく,学生自身が自分で調査・取得するのでしょうか?


A:はい,学生自身が調査・取得して卒業論文・修士論文・博士論文を構成することを原則とします。社会調査法に則ったデータである必要があり,希少性も必要なため,そのようなデータをご自身で用意できることが重要です。知り合いに調査票を回して数十人集めるなどでは研究データにならないこともあり得るため,ご留意ください。データは研究室から与えられるケースもありますが,提供元企業からの了承を得る必要がありますのであくまで例外的と考えてください。
 

 


Q:統計と英語が苦手なのですが大丈夫ですか?


A:統計学は分散分析・因子分析・共分散構造分析あたりをよく使います。ゼミで統計学の講義を行うことはありませんので他の講義と自学自習が基本になります。また,英語論文が引用文献に含まれないと卒業論文・修士論文・博士論文が書けませんので頑張りましょう。


Q:ゼミで就職試験についての研究をすると自分の就職活動にも役に立つでしょうか?


A:ゼミは学術研究の場なので就職活動講座は行いませんが,就職試験についての理論的・実践的な理解を得ることで,結果として自分自身の就職活動に活きることがあるかもしれません。
 

 


Q:人事部に配属された人だけが使う知識になるのでしょうか?


A:人的資源管理論は経営幹部として必修知識とされています。働く人の動機付け・モチベーション理論,職務満足研究,組織社会化研究,経験学習理論,働く人のパーソナリティ論,将来の組織構成員を決定付ける就職選抜論などは経営幹部教育で必ずといっていいほど盛り込まれる内容です。
また,一般企業への就職以外にも,人材紹介・人材派遣・教育研修・人事システムなどの人材業界への就職,大学・行政・民間企業の研究所への就職,人材業界での独立起業などにも活きます。

 

Must Know

/ ゼミ志願者必読

 
ゼミ情報一覧資料 2022年9月11日更新(PDF)
大学院博士前期課程・博士後期課程志望の方へ
必ず出願書類提出前に事前相談をしてください。本研究室は実証分析を行う研究室のため,事前相談なく本出願された場合は,研究データ取得などの研究計画の現実性が判断できず,原則的に不合格の方向で判断させていただいています。事前相談によってデータ取得に向けたアドバイスができる場合も多くありますので,事前相談のご連絡をお待ちしています。また,まだ志望が固まっていない学生・社会人からのご相談も随時受け付けています。お気軽にご連絡ください。
 
留学生の方へ
就職研究や日本的人事管理研究を行うためには日本固有の背景理解が必要になるため,日本語で書かれた研究文献の読解力が必要になります。高度な日本語能力が備わっていない方には難しい研究分野であることに留意をお願いします。また,パーソナリティ因子構造の探求などは世界的文脈に研究定位がなされるため,英語と日本語の両方が必要です。
 
研究生志望の方へ
当研究室では研究生は積極的に受け入れておりません。